教育費に悩む方必見!子育て世代の投資 投資経歴と始めたきっかけ

  • URLをコピーしました!
ds

コロナショックをきっかけに投資を始めた人や、投資について話す人が増えたような気がします。みなさんはいかがでしょうか?

投資始めたい人

子供が生まれるから資産運用を
始めたいけど何から始めよう???

始めたけどわからない人

最近積み立てNISAの口座開設しましたけど
何を買えばいいですか?

ds

そんなお話をよく聞きますので
子育て世代の資産運用についてお答えします

目次

投資を始めたきっかけ

私が投資を始めたのは2017年でした。

2013年くらいから何をきっかけは覚えてないですが株式投資に興味がありました。

今思うとこの当時に投資をしていたらと思い返しますが・・・(その理由は後述します)

ds

日本株の購入手数料が無料だった松井証券で口座を開設し、初心者向けの本を買いながら準備は進めていたのですがその当時はまだ考えが浅く投資を行っていませんでした。

そんな私も結婚・マイホーム購入を経て、いよいよこれから長女も授かるというタイミングが2016年だったのですがそこで良書に出会い資産運用を始めようと決心をしました。

ds

周りを見ていてもお子さんの誕生やマイホーム購入をきっかけに資産運用を考える方が多いですよね。

そんな決心をしたため資産運用に関する本を読み始めていました。

そんなときに1冊の本に出会い考えが大きく変わりました。

ds

資産形成をこれから行う人は必読書!もうすでに読まれている人がほとんどだと思いますが・・・

投資を始めるきっかけになった本「金持ち父さん・貧乏父さん」

とても有名ですが「金持ち父さん・貧乏父さん」を読んで人生観が変わりました。

昔は金融に対する知識もなく金持ち=いやしいみたいな悪いイメージがあった本でしたが読んでみて人生が変わりました。

はっきり言って衝撃的でした!投資を始めようか悩んでいる方にはぜひ読んでいただきたいです!

この本はお金の使い方から投資する考え、また最後にはリタイアすることまで考えられていて、まさに今流行りの
FIREのルーツになっています。

資産や負債に対する考え方や、人生観・時間軸で物事を見ることなど投資に限らわず万物に共通するノウハウが書かれていると個人的には思います。

ds

こういった本を中学生や高校生の教科書などに載せてで勉強すると人生が豊になります。
今になって思い返してみると、何千年も昔から世界の東西にかかわらず、一部の人が気付いたことが世間に浸透しないのが不思議で仕方ないですね。

他のオススメ本

最近になって「FIRE」や、両学長の「おかねの大学」など、さらにわかりやすくなった本が出てきていますが、書いてることや、勧めていることはほぼ同じ内容です。

なかでも「おかねの大学」が日本人にとって良いのは、海外の本に比べて即効性や、日本の法律や環境に基づいて書いてあるので、日本人の資産運用初心者が読むならこれ一択なのかなと思います。

人生の転機をチャンスに変えるためこう言った良書に出会えて幸せですね!
こんな感じで投資を始めて早4年目になりますが、まぁ何とか投資成績はプラスですが、持続するのは難しくそこにたどり着くまでのことも記述することで投資本当に初心者の人の参考になるといいですね。

逆にベテランの方には考えが違うと教えていただけるかも???

具体的な投資本

冒頭で後述しますと、記述していてたのですが初心者向けの本とは 安恒 理(やすつね おさむ)さんが書かれた本で「株の超入門書」という本です。

今でも本屋に続巻が置かれていたりするのですが私が持っている本は2013年4月に発行されているので当時の日経平均株価などが記載されていました。

当時はなんと日経平均で10000円近辺だったのです!

他の個別株も今見返すと、圧倒的に安値でいかに長期投資だったり・優良な株式に投資したりすることが寛容かよくわかりました。

ds

こういった本を読みながら少しずつ理解を増やしていきました。

投資経歴

実際に私が投資始めたころが2017年です。

ds

その当時の日経平均では19000円くらいから20000円超えるか?みたいなところでした。

まず一番初めに投資したのは、銀行に行って投資信託を購入しました。

購入したのは 「ひふみプラス」というアクティブファンドの投資信託とダウジョーンズのインデックスファンド

そしてもう一つ名前を忘れましたが、アクティブファンドの投資信託を購入しました。

結局タイミングが良くすべてプラスになっています!

こうした投資結果や最近の日経平均株価が27000~28000くらいにまでなっていることを考えると

ds

中長期の目線がすごく大切だと感じていただけると嬉しいです。

今では米国株・日本株・他の投資信託も購入していて運用資金は当時よりも増やすことができています。

子育て世代の資産運用

子育て世代イメージ

私がまずおすすめしたいのは、貯金⇒節約⇒投資の順番で資産運用を始めていただきたいです。

合わせて金融に関する知識をつけていくとなおの事良いと思います。

貯金

貯金は生活費の6か月分から12か月分は確保しましょう。

それは予期せぬアクシデントによって働けなくなるリスクや、今後投資をする上での生活防衛金にするためです。

生活防衛金はリスクが発生してもある程度耐えられるように備えるのですが、そんなに長くリスクが続くこともないと思います。

ds

こういったことも踏まえながら必要な分だけ貯金することから始めましょう。

節約

あえてこの順番で書いたのは、貯める難しさを知って、節約に入ると良いと思ったからです。

いきなり節約から入ろうとしても貯める難しさがわからないため、節約が長続きしません。

ds

節約の効果を存分に感じるためにも貯金⇒節約の順番で行ってみてほしいです。

投資

ds

子育て世代は教育資金を目的として運用していくのがベストだと思います。

子供が大きくなるまでは児童手当がもらえます。

そのお金だけでも投資に回してみて、投資を始めるきっかけにしていただきたいです。

教育資金を貯めるだけなら、学資保険などもあるのですが、非効率である上に、いざというときに出金できなかったり

学資保険は出金できても元本割れするリスクがあります。

ds

しっかり勉強すれば株式投資もリスクがそれほど高くないことも理解してもらえると思います。

もちろんリスクは全くないわけでは無いです。

ds

私の短い投資経験の中でも、成功や失敗が数々ありますのとタラればになる話もありますが、しくじり先生とは言わんばかりの物もありで参考になればと書いていきますのでまたお時間のある時に見ていただけると幸いです!

Thank you for coming to my Web Site !

Follow @dsstjdailylife

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
2017年から投資を開始した旅行好き初心者投資家です
2021年からWordPressでページ開設しました

目次
閉じる