【ブログ閉鎖】XserverでWordPressサイト閉鎖方法

  • URLをコピーしました!

ブログをはじめてまだ7か月過ぎたところですが、ブログを閉鎖したいと思います。

合わせてXserverでのワードプレスブログ閉鎖方法を解説します。

残念ながらブログを閉鎖する方はぜひご覧ください。

ds

とはいっても2つ目に開設したブログを閉鎖したいと思います。

目次

ブログ閉鎖理由

ブログを閉鎖する理由は以下の3点になります。

2つ目に開設したブログで記事が書けない

開設していたブログ

以前はこのように食事に特化した特化ブログを作成しました。

有料のワードプレステーマを購入したので、簡単に開設できると思い2つ目のブログを開設してしまったのです。

実際のところ2つ目のブログは始めてすぐは書くのが楽しく記事を書けたのですが、なかなかネタづくりが大変です。

写真などを取り忘れるだけで記事がボツになったりしていたので、ネタが続きませんでした。

ds

自分の得意なネタで勝負しないと継続は難しいな!

ブログを書く力が分散する⇒元々開設したブログにも悪影響

ブログを2つ開設したところで、元々書く力が乏しいにも関わらず力が分散してしまい失敗しました。

当ブログPV数

先に開設していたブログの更新も遅れPV数はどんどん低下していきました・・・

記事が書けないので全くと言っていいほど流入が無くなってしまいました。

ブログ維持管理費用が増える

ドメイン代、サーバー容量、画像などを保存するHDD容量などが増えることにより実質費用増につながります。

他にもネタのためにと食品の出費などを考えると費用はかなり増していました。

稼ぐ力↓費用増↑=大赤字

まさに大赤字な状態になってしまう負のスパイラルに入ってしまいました。

ブログ閉鎖前にやったこと

記事の移植

せっかく時間をかけて書いた記事なのにすべて消すだけというのはもったいないので移植しました。

記事移植用プラグイン

移植は DeMomentSomTres Export というプラグインを使用してみました。

プラグインを探す際は上のマーカー部分をコピペしてください。

ツール選択画面

プラグインを有効化した「ツール」の中にプラグインが表示されます。

DeMomentSomTresExportを選択します。

DeMomentSomTresExport

移植したい記事を選ぶ画面に移動します。

今回のプラグインでは移植したい記事を一つ一つ選ぶのではなくカテゴリーで選択することになります。

必要のない記事は削除しておくのとスムーズにできそうです。

エクスポート

あとは下にあるエクスポートファイルをダウンロードを選択します。

ダウンロードしたデータは自分のPCのダウンロードファイルに保存されますので、デスクトップなど簡単に探せる場所に移動します。

インポート画面
ds

インポートはインポート画面で行います。
まずはインポーターの実行を押しましょう!

ファイル選択画面

次にファイル選択画面で先ほどダウンロードしたインポートしたいファイルを選択します。

インポート設定画面

その後設定画面が上記のようになります。

設定を間違えないように選択してファイルをインポートします。

ふきだしなどのテーマに依存するものは上手く引き継げなかったです。画像などは引き継げましたが、不必要な他の記事の写真まで引っ張ってきてしまっていました。

ブログを閉鎖する方法

WordPressブログのアンインストール

サーバー管理画面を開く

Xserver管理画面

このあたりはブログを開設した方なら何度か入ったことがあると思いますので簡略します。

削除したいドメインを選択する

設定対象ドメイン設定

まずは削除するドメインを設定します。

ds

右上にある現在の設定対象ドメインというところが削除したいものであればこの設定は不要です。

管理画面左下にある設定対象ドメインというところにあるボタンをクリックしてドメインを選択。

設定するボタンを押して確定させます。

WordPress簡単インストール

WordPress簡単インストール画面選択

続いてWordPress簡単インストール画面を選択して削除をしていきます。

削除画面

対象ドメインを設定してWordPress簡単インストール画面を開くとこのような画面が表示されます。

この画面ではMySQLデータベース名を控えておきます。

ds

後でデータベースを削除するときに必要なので必ず控えましょう

その後右にある削除ボタンを押しアンインストール画面に移動します。

アンインストール画面

アンインストール画面でアンインストールするボタンを押すとWordPressのアンインストールを行います。

ds

このボタンを押すとすぐにアンインストールされるため慎重に実行してください。

削除後ログイン画面

サーバーからワードプレスをアンインストールすると、ログイン画面に移ってもこのように表示されます。

ds

しっかりアンインストールできたことが確認できました。

データーベースの削除

MySQL設定選択画面

データベースの削除は「MySQL設定」画面から行います。

MySQL設定画面

MySQL設定画面ではWordPress簡単インストール画面で控えたデータベース名を基に削除を行います。

データベースが少ない方は赤い*マークがついているものは現在もWordPress簡単インストール機能を使用しているものなのでそこも見ながら慎重に削除しましょう。

右側の削除ボタンを押すと「削除しますか?」と確認する画面に移動します。

削除するを選択するとこれで完全にデータベースまで削除されます。

ドメインの削除

ドメイン設定画面選択

最後にドメインを削除します。

他に使用用途があったりして削除しない方はこの作業は不必要です。

ds

ここはドメイン名で表示されるので簡単に削除できると思います。

ドメイン契約解除

ドメインを削除してもドメインの契約は残ったままになります。

特に問題は無いと思いますが念のため契約を解除しておきます。

ユーザー管理画面

Xserverのユーザー管理画面のTOPページにドメインの管理画面があります。

契約解除したいドメインの横にある点のボタンをクリックします。

契約情報画面

契約情報画面で解約するを選択して解約することで、すべての契約が解約されます。

広告の提携解除

最後に広告提携などしている場合は提携も忘れず解除しておきましょう!

ということで今回はXserverでWordPressサイト閉鎖方法を書いてみました。

ds

契約の解約まで忘れずに!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
2017年から投資を開始した旅行好き初心者投資家です
2021年からWordPressでページ開設しました

目次
閉じる