投資先考察 ー コンビニ大手4社を比較して投資先検討してみた

  • URLをコピーしました!
ds

日本株に投資するためにいろいろなセクターの企業を調べてみて投資先を検討していきたいと思います。

目次

コンビニ業界を考察

コンビニ売上大手4社

企業名売上高国内店舗数年度引用元
セブンイレブンジャパン50102億円20955令和元年セブンイレブンジャパンHP
ファミリーマート29828億円16646令和2年2月ファミリーマート決算参考資料
ローソン21700億円14444令和2年2月ローソン決算補足資料
ミニストップ3847億円1997令和2年2月ミニストップ決算短信

セブンイレブン1強という感じで頭一つ抜けているような感じがします。

私の想像ではローソンが2番手だと思っていたので、やはりM&Aなどで拡大したファミリーマートが2番手についています。

ds

個人的に相性がいいのはdポイントが貯まるローソンなのですが・・・

4社に投資するには?

セブンイレブン

セブンイレブン
セブンイレブン

セブンイレブンセブン&アイホールディングスに傘下のためここから投資ができます。

ファミリーマート

ファミリーマート
ファミリーマート

ファミリーマートは現在伊藤忠商事傘下に入ったためここから間接的に投資ができます。

ローソン

ローソン
ローソン

ローソンはそのままローソンとして株が売り出されていますが、
三菱商事の子会社ではあるためTOB(株式公開買い付け)などが実施されてもおかしくないのかもしれません。

ミニストップ

ミニストップ
ミニストップ

こちらもローソンと同じように、ミニストップとして株が売り出されています。
しかしこちらもイオンの傘下にあるため、いつTOBがあってもおかしくないのではないかと思います。

銘柄ごとに比較してみると

証券コード銘柄名PERPBRROE自己資本比率時価総額株価(2021/4/6)
3382セブン&アイホールディングス25.31.4213.8%43.8%37345億円4453円
8001伊藤忠商事11.61.6017.0%27.5%52174億円3540円
2651ローソン97.51.877.3%20.6%5085億円5380円
9946ミニストップ11.70.82-12.6%34.2%410億円1429円
四季報より各指標比較

親会社も含め銘柄ごとに、比較してみました。

純粋にコンビニというセクターに投資したいなら、ローソンやミニストップのみになってしまいます。

しかしROEなどで比較すると、コンビニというセクターだけでは少し分が悪いというか儲けが少ないような気がします。

これから無人化などが進み、また高齢化社会に伴って小さな店舗がより必要になってくると、まだコンビニだけでやっていけるようにも思いますが。

私は3年くらい前から伊藤忠商事に魅力を感じていたので、この中から選ぶならまずは伊藤忠商事と思います。

当時1800円だった株価ウォーレン・バフェットが購入したこともあり3500円と倍近くになってしまいました。

ds

ファミリーマートは無人化実証店舗をパナソニックと共同で行っているみたいなので面白そうです。あとはEPSなどの推移を比較しながら投資する先を検討してみたいですね。

番外編(配当利回り・株主優待制度)

証券コード銘柄名配当利回り配当性向優待制度
3382セブン&アイホールディングス2.34%20%無し
8001伊藤忠商事2.67%15%無し
2651ローソン2.96%37%無し
9946ミニストップ1.43%有り
四季報より各指標比較

配当はローソンが一番多く、出しているみたいですね。

優待制度はミニストップのみ実施しています。
ミニストップは単元数で異なりますが、ソフトクリーム無料券コーヒーSサイズ無料券などがあるみたいです。

コンビニセクターを比較した結論

  • コンビニの王様は圧倒的にセブンイレブン
  • 投資をする際は、親会社などに投資することもある
  • コンビニセクターだけでは儲けは少なく感じる
  • 将来性も考慮したグロース的な位置づけで投資しても良いかも?
  • 配当利回りならローソン、優待ならミニストップ

Thank you for coming to my Web Site !

Follow @dsstjdailylife

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
2017年から投資を開始した旅行好き初心者投資家です
2021年からWordPressでページ開設しました

目次
閉じる