バリュー株とグロース株のバランスを見直すための米国株投資先

  • URLをコピーしました!
目次

投資検討先

現在日本株・米国株投資にしています。相場全体で高値が続いていたり、為替の影響が出てくると見直しを掛けながら投資先を検討しています。

円高が進むのであれば米国株投資を継続していこうかと思っていますが、万が一円安方向に振れることがあれば日本株への投資を増やしていくのも以下と思います。

楽天証券のバロンズダイジェストという米国の有名な週刊誌のダイジェストが毎週公開されているので、そんな情報も集めながら考察していきたいと思います。

米国株

まずは現在投資している米国株から見極めていきます。

バリュー株

バリュー株は経済成長局面で、上昇することが多いみたいですが、今現在ではそれほど大きく伸びてきてはいないみたいです。

これもグロースに比べてということだと思いますが、金利上昇が止まってきたこともあり再びグロースが伸びてきている感じです。

2021年9月追記

直近では米国株全体が下げ始め下降局面に来たのかという印象にあります。

こういった時に配当に魅力もあるバリュー株にどんどん投資をして、キャッシュをしっかり確保していきたいと思っています。

エクソンモービル

石油などを取り扱う原油セクターに入る会社ですね。昨年のコロナショックや原油価格の大暴落の影響で株価は2016年のピークから見ると約3分の1まで落ち込み、2020年10月から株価が回復してきているのを見るとそろそろ安定した配当株として購入したいところです。

ちなみに私が米国株を進めた後輩君は愚直にバランスよく銘柄を集めていたので、コロナショック後にもしっかりエクソンの株を持っていたため、しっかり値上がり益も配当も手にすることができています。

ちなみに私は購入していなかったので大幅な上昇の恩恵を受けることはできませんでした。

配当利回りは6.10%となっています。楽天の企業スコアでは、同業種では一番良い評価になっています。

2021年9月追記

以前記事を書いた段階では株価も右肩上がりで上昇傾向にありましたが、最近は相場全体が下げつつあるのでそれに伴いエクソンも株赤を下げています。

ピーク時は65ドル近辺にまで上昇していましたが、9月10日時点で53.98ドルと株価を下げてきています。

予想配当利回りも6.43%とかなり魅力ある水準になっています。いまだ購入に至っていませんが9月の調整局面後に再度水準を見て購入しようか検討したいと思います。

アルトリア

言わずと知れたタバコ銘柄で高配当を継続している銘柄です。こちらも2017年ごろにピークになり
コロナショックで少し株価を下げていましたが、ここ最近株価を戻しつつある。

予想配当利回りも6.66%とかなり高い。以前フィリップモリスを購入していましたが、配当利回りも少し目減りしてきたので再度購入するならこちらの方が魅力的に思えます。

2021年9月追記

こちらは株価が上昇し続けています。ようやく直近のピーク値まで値を戻してきていますが、最高値を見るとまだまだ上昇余地はある印象です。

予想配当利回りも7.11%と株価を上げていても魅力的な水準にあります。

とりあえずアルトリアは保有し始めましたので、今後も継続的に買い増しして、キャッシュマシーンとして働いてもらいます。

銀行株

具体的な銘柄まで絞れていませんがJPモルガンチェースなんかを購入しようか検討しています。
金利上昇局面には有利になってくるのですね。

ただし最近アルケゴス問題でまとめて損失を被っていますので、決算内容が良いところをしっかり購入していきたいです。

2021年9月追記

以前記述したJPモルガンチェースなんかは株価は横ばいになっています。

私は米国株よりも比較的割安になっている、日本の銀行株を買うようにしました。

セクターだけで考えると日本の銀行株を持っていてもそれほど米国の銀行株を買うのと分散効果は変わらないかと思い日本株からこのセクターの株を購入しました。

直近では日本株に追い風が来ているのでもう少し買い増ししたいですが、高値でつかんでしまう感じも否めないです。

グロース株

グロース株はもうすでに伸びてきていますが、まだ金利上昇が続かない限り金融緩和されている間は伸び続けるのかなと思います。

しかしチキンレースのような感じにもなってきているのと、今の持ち株ですでに含み益を抱えているグロース株があるのでそういった銘柄を整理しないと、バランスがとりつらくなってくるので、1銘柄のみ検討しています。

フェイスブック

昨年からずっとほしかったのですが、もうすでに見てた時より40ドル以上値上がりしていて、少し出遅れた感じがします。

少しPERが下がり割安感がまだあるところを見ると買いに入ってもいいのではないかと感じています。

最近に大企業へ向けた規制の影響で有り余った現金を配当や、自社株買いに回せる余力があるとバロンズダイジェストでも書いてあります。

アップルは配当を出し始めてから600%もの株価上昇したみたいなので、フェイスブックも同様の株価上昇が期待できるのか?またインスタグラムの業績開示が始まるみたいでこのインパクト次第では大きく上昇が望めるのではないでしょうか?

これもアルファベットが同様にGoogleのYouTube売り上げを公開した時、アマゾンがAWSの開示を始めたときに株価が上昇していたみたいなので、同じ効果が望めそうです。

他にもVRやARに加えソーシャルコマースなどの成長分野にも期待できるため、ぜひ購入したいと思いますが、入るタイミングも検討必要ですね。

日本株も続けて書いていきたかったのですが、長くなりそうなのでまた次回に書いていきます。

2021年9月追記

結局のところフェイスブックがかなり伸びていました。

前回記事を書いた時よりも10%近く上昇しています。FBの代わりにPINSを購入したのですが決算内容が悪く損失を少し出してしまいました。

PINSも第2のFBと言われていますが、やはり先駆者ですでに企業規模が大きいFBの方が投資先としては魅力がありそうです。

Thank you for coming to my Web Site !

Follow @dsstjdailylife

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
2017年から投資を開始した旅行好き初心者投資家です
2021年からWordPressでページ開設しました

目次
閉じる