投資失敗みるみる内に減っていく減量上手なあの銘柄

  • URLをコピーしました!
目次

見切り千両(みきりせんりょう)

相場の格言の一つで、「見切り千両、損切り万両」といった使われ方もする。含み損を抱えた株式などに対して、損失の少ないうちに見切りをつけることは千両の価値があり、損失を拡大させないために、ある程度の損を覚悟で売買することには万両の価値があるという例え。

野村証券 証券用語解説集より

見切り千両という言葉は投資をされている方なら、一度は聞いたことあると思います。
損切りが遅れて株価が半値になってしまった銘柄をご紹介します。

RIZAPグループ株式会社

私が損切りが遅れて損失を被った銘柄はRIZAPグループ株式会社です。

最近はまた有名なタレントが復活をかけてCM起用されていたり、以前からカンブリア宮殿などたくさんテレビ番組でも取り上げていたりメディアでよく見る知名度の高い会社と思います。

購入した経緯

こ当時飛ぶ鳥を落とす勢いで成長していた企業なのでM&Aであったり、企業拡大を一気に進めていたので知名度が高く、雑誌などによく取り上げられていました。

Zaiなどに掲載されていた記事や、テレビ番組を見てこれは良いと思いたいした財務指標も見ずに購入しました。

購入時の株価は1636円でしたそこからすぐに株式分割され1:2で分割されたので、200株持っていたのが400株になり1636円で購入したものが818円扱いになりました

損切りが遅れた原因

経験不足ゆえに信じすぎた

この時は経験不足というか、雑誌情報に完全に振り回されたのと株式分割すると流動性が高くなるので、人気化するのを待っていたりそんな感じで株価が上がっていくのを信じすぎていました。

それゆえ数か月後に「財務状況が悪いのじゃないか?」という悪いニュースが流れてきてもすぐに売らず保有し続けたため株価はどんどん下がっていきました。

実際に赤字体制を立て直すために事業売却などを進めていたので、企業基盤の弱さが見え始め決算も悪くなり、一気に売られ始めました。

最終的な売却額は480円・・・ほぼ半値になるまで持ち続け、大きな損失を出してしまいました。今までの利益分がすべてなくなるような損失でした・・・

判断が遅すぎた

判断が遅れたのは悪いニュースが流れてきたら売るなど損切ルールや出口戦略を決めたうえで投資をしていなかったので判断が遅れてしまいました。

早く判断ができていたらもう少し損失が少なくできたのではないかと悔やむところです。

現在の状況

直近株価は213円(4月1日終値)判断は遅れたものの、何とか落ちきる前に売却はできたのがせめてもの救いではあります。

最近はフィットネス関連の持ち直しなどもあり、これからワクチン接種が増えると伸びてくる企業になるかもしれません。

ダイエットだけでなく、ゴルフレッスンや、英会話なども対人で行うため売上の伸びも期待できそうです。

CMもどんどん増やしてきているのは、自信の表れにもなっているのかもしれません。

財務状況を見ながら、再度インすることも考えてみてもいいかもしれません。

グロース株購入時の注意点

グロース株購入時の注意点
  • 購入時にしっかりと企業を見極めていなかった
  • 業績が悪くなるのに、すぐに手を引かなかった
  • 雑誌情報などを信じすぎていた
  • 出口を決めていないので、ズルズルと持ち続けてしまった。

Thank you for coming to my Web Site !

Follow @dsstjdailylife

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
2017年から投資を開始した旅行好き初心者投資家です
2021年からWordPressでページ開設しました

目次
閉じる