インデックス投資に負けるな!優良アクティブファンドご紹介!

  • URLをコピーしました!

今回は私の持っている投資信託で今人気のインデックスファンドとアクティブファンドのパフォーマンスを比較したいと思います!
優良なアクティブファンドを探すのは難しいですが、国内には良いパフォーマンスのファンドもあるためぜひ見ていただきたいです。

目次

投資信託の種類

投資信託とは

投資信託とはプロである投資信託販売会社などが販売する商品で、株式をはじめ債権や不動産、コモディティとよばれる金や銀などに投資する商品など様々な投資対象の商品が販売されています。

投資信託の良いところは自分で銘柄を選定しなくても良いところ。資金が少なくても分散投資ができたり、高額な銘柄商品にも投資できることがメリットと言えます。

インデックス投資とは

最近は特にその中でもインデックス投資という投資が人気となっています。

インデックス投資はある指標と一致するように設計した投資商品で主に株式の指標に合わせて商品が販売されています。例えば日経平均株価に連動した商品や、TOPIXとよばれる東証株価指数に連動したものもあります。

最近は米国のS&P500に連動した商品、全世界を投資対象とした商品が人気化しています

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットS&P500のインデックスファンドに投資することを勧めています。

ds

経済学的に平均的なリターンを得られると証明された投資手法として有名なインデックス投資に私も投資を継続しています。

アクテイブ投資とは

ds

一方アクティブファンドと呼ばれる、投資のプロが指標よりも高いリターンを得るために運用された投資商品もあります。

アクティブファンドも投資対象が様々で、世界全体を投資対象にした商品や、日本の小型株だけを購入するような商品もあります。こういった商品にプロが選定して投資するため、インデックス投資に比べ、少し手数料が高くなる傾向にあります。

日本では「ひふみ投信」と呼ばれる投資信託などがアクテイブ運用された人気商品として知られています。

投資信託を購入する方法

投資信託は証券会社や、銀行などの証券口座を介して購入することができます。

投資信託はスポット購入として都度購入する方法と、積み立て購入という定期的に購入する方法があります。

ds

日本では積み立てNISAの精度もあり積立投資をしていくのが一番簡単です。

投資信託を買うときのポイント

投資信託を買うときの選定ポイントがあります。

  • 手数料ができるだけかからないこと
  • 信託報酬や管理費用などの費用ができるだけ抑えたもの
  • 投資対象商品をしっかりと把握する
ds

こういったことを考えるとインデックス投資が優れているように思えます。

インデックス投資対アクティブ投資

保有しているインデックス投資商品

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

eMAXIS Slim 投資結果

まずはeMAXIS Slim 先進国株式インデックスという商品です。

楽天証券の買い付けランキングでも上位に入ってくる投資商品です。

ここは2019年5月から購入していますが2021年2月23日で+33%と順調に増えています。(リライト前の日です。)

2021年8月7日では+56.7%まで増えています。

これとは別に積み立てNISAに切り替え投資している同じ先進国株式は+31.31%となっています。

上にあるチャートは基準価額投資期間の基準価額の推移を表したものです。

よく見ると分類平均と同じような動きなのがわかると思いますが、インデックスとしては指標に沿っているので優秀ですね。

このチャートは楽天証券のサイトで自分の購入した機関のパフォーマンスをチャートで表現しているものです。

チャートが見やすく使いやすいですね。

こういった使いやすさでは、楽天証券はとても評判がよく商品も豊富なので、口座開設するときは楽天証券を選ぶと良いと思います。投資に楽天ポイントも使用できます。

eMAXIS Slim シリーズ(新興国インデックス)

続いてeMAXIS Slim シリーズの新興国インデックスという商品です。

新興国といえば、詳しく投資先を見てないですがポーランドなども含まれていると思います。

ポーランドにはいったことがあるので、新興国の成長を肌感で感じたことを後日記述したいですね。

こちらは購入期間が浅いので右肩上がりではあります。パフォーマンスは+15%くらいです。(2月23日)

現在はー0.82%となっています。

購入タイミングによってパフォーマンスは大きく変わります。他の人の意見を参考にするのは良いですが、同じ投資リターンが得られるとは限らないので、購入する際は自分でしっかりと選定しましょう!

楽天・全米株式インデックスファンド

続いては楽天・全米株式インデックスファンドです。

有名なバンガード社のインデックス投信に投資できる商品です。

パフォーマンスは+17%と少し売却したこともあり先進国よりは低く見えます。(2月23日)

現在は+7.40%とまた少しパフォーマンスが悪くなっています。

ds

ここまでが私が保有しているインデックス投資商品です。

保有しているアクティブ投信

ds

私が好きなアクティブ投信商品を紹介します。

ひふみプラス

これが大好きなひふみシリーズの外販ひふみプラスという商品です。

ds

有名なファンドマネージャーの藤野英人さんが代表を務められている、レオスキャピタルワークという会社から販売されています。

本も多数出されていますので、気になる方は関連本を読んでみてください。

購入した当時は人気ランキング上位に常にいましたが、今はインデックス投資人気に押され少し順位をさげていますが、今も変わらず人気を博しています。

ここ最近のパフォーマンスを見ると、分類平均と同じところを推移しています。

ひふみプラス2017年から

私は少しずつ売却したりしているので、今持っている分では+17%となっていてインデックス投資よりパフォーマンスが悪く見えます。

しかしこれも投資タイミングで変わってきますので、私の投資を始めた2017年と比べると基準価額が2倍になっています。

購入した当時もひふみはもう伸びないと言われていたりしました。

ds

ひふみプラスの販売会社である、レオスキャピタルワークのセミナーなどに行くと、まだまだ伸びると強気におっしゃられていましたが、正直半信半疑でした。しかし結果としては2倍以上になりました。

優良なファンドはしっかりと伸び続けるため、信じて長期投資をすることが重要です。

コモンズ30ファンド

コモンズ30ファンド

こちらは渋澤健さんが会長を務められているコモンズ投信から販売されている商品です。

渋澤さんは大河ドラマや1万円札の肖像となる渋沢栄一さんの子孫にあたるということでも有名です。

ds

渋澤さん自身も本を出されていたりしてとても有名な方です。上でも紹介した藤野さんと共同で書かれた本なども有名です

この名前にもある30には30年の長い目線や、30銘柄へ集中投資というアクティブファンドらしい投資で、しっかり成果を出している商品です。

まさに長期投資にうってつけの商品です。

コモンズ30ファンド2017年から
ds

ここも一度売却したこともあり+21.82%となっているため、少しパフォーマンスが悪く見えますが、長期目線で見るとかなり良いパフォーマンスです。同じように2017年から見ても1.8倍くらいにはなっています。

ニッセイTOPIXインデックスファンドと比較

上のアクティブファンドと同じ日本株に投資する投資商品から比較対象として

ニッセイTOPIXインデックスファンドと比べてみます。

ニッセイTOPIXインデックスファンド

こちらはTOPIXのインデックスファンドですが2017年から約1.75倍くらいになっています。

こうやって見るともちろん投資を始めたタイミングや投資期間で大きくパフォーマンスは変わってくるのですが、一握りの優良アクティブファンドに投資するのも資産運用面でかなり有効的かなと思います。

ただし購入時手数料など販売先によって違ったり、管理の手数料なども考慮するとインデックスに負けるアクティブファンドがほとんどです。実体験するとよくわかります。

ds

インデックス投資も人気ですが、今後も優良なアクティブファンドに投資して良いリターンを得られるようにしっかり勉強しながら投資を継続していきたいです。

Thank you for coming to my Web Site !

Follow @dsstjdailylife

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
2017年から投資を開始した旅行好き初心者投資家です
2021年からWordPressでページ開設しました

目次
閉じる