米国株投資を始めたいけど何をする?米国株投資の始め方をご紹介

  • URLをコピーしました!

最近投資に興味を持ち始めた方がかなり増えてきたと思います。

いろいろなところで米国株の個別株に投資するのってどう始めたらいい?とかどんな銘柄買ってるのという質問をされることが多いです。

ds

他にも困っている方がいるのでは?と思ったのでこんな記事を書いてみます。

目次

米国株投資の魅力

米国市場イメージ

有名優良企業がたくさんあり、誰もが知るような大型優良株から、超新興勢力のユニコーン企業とよばれるが創業間もないながら評価額が10億ドル以上もする企業が多数輩出される市場なので魅力たくさんですが他にもいいところはあります。

ds

そんな米国株の魅力を紹介したいと思います!

1株から購入することができる買いやすさ

分散積み立て投資イメージ

日本市場では購入でき転移のようなもので単元が100株と決まっています。

手数料を多く払うか、一部のサービスを使用しない限り、日本株を購入するためには100株分の購入資金が必要です。

分散投資を行うためには日本株のように単元が大きいと買うことができる株の銘柄が限られるため、分散投資がしにくいです。

米国市場では1株から購入することが可能なので分散投資を行うのであれば、分散効果がすぐに発揮できます。

最近になって日本株でも1株から手数料無料で買えるところも出てきました。

ds

米国株では優良株としてアップルを買ったとしても1株145.86ドルと日本円でも16000円くらい(2021年7月31日現在)で済み、そういった株の買いやすさで選択肢が増やせます。

株主還元意識が高い企業が多い

日本株でも最近は株主還元を重視する企業が増えてきましたが、米国株は株主還元を意識した企業が多く、配当性向(利益の中から配当に振り分けられる割合)が高かったり、増配(配当金を増やすこと)する企業が多いです。

また成長戦略として配当を無配当(配当金を出さないこと)としている企業もありますが、積極的に自社株買いを行い、1株当たりの利益を高めたりするような株主還元策をとる企業が多いことが魅力となっています。

国(市場)が成長し続けている

経済成長イメージ
ds

株式投資において一番大事なのは、成長する企業、国に投資をすることです。

米国は現在も人口が増加傾向にあるうえ、移民も多く、優秀な人材も多く輩出しているため国が成長を続けています。

いくら魅力的な企業でも売上が伸びない市場で競争していても競争力は付かずいずれ衰退していきます。

ds

世界から注目され成長し続ける、世界の人が米国にあこがれ成長を求めてやってくる時代が続く限りは米国株投資が一番魅力的になるでしょう。

米国株に投資する方法

投資信託やETFを購入する

投資信託や上場投資信託のETF(Exchange Traded Fund)などを購入することで、米国株に間接的に投資する方法があります。

手数料が個別株に投資するより多くとられると思いますが、簡単にGAFAMなどの魅力的な企業を集めたパッケージのように投資信託の商品を購入して投資することができます。

代表的なのは、S&P500という指数に連動したものや、全ての米国株を対象にしたもの、よく耳にするダウの平均株価に連動するETFや投資信託などに投資することができます。

ds

ETFは個別株のように簡単に売買ができるのも魅力的です。

日本の証券会社から個別株に投資する

個別株と言われるのは、アップルや、コカコーラなど個別の企業株の事を指します。せっかく投資するならカッコイイ企業に投資してみたいですよね。

米国株市場はNY証券取引所とNASDAQという大きな市場があるのですが、両方を合わせると5700社ほどの企業が上場されているといいます。

そんな中から優良な企業を探すのも楽しいですよね。

銘柄選びに迷っても米国株四季報という米国株が沢山掲載された書籍も出ていますので、そいうった書籍からさがしてもいいですね。

米国株購入方法

証券口座を作ろう!

米国株の個別株を購入するには、外国株用の証券口座が必要になります。

ds

また証券会社によって取り扱い銘柄数が違ったり、購入時の手数料が違ったりしますので、自分に合った証券会社を選びましょう。

ちなみに取り扱い銘柄数が一番多いのはマネックス証券となっています。次いでSBI証券、楽天証券となっています。

恐らくこの3社なら大体購入したい株が購入できますので取り扱い銘柄数が多いところを選択するといいでしょう。

ds

SBI証券は新興国株も多く取り扱っているので面白いですね。

SBI証券や楽天証券などはクレジットカードでの積み立て投資ができたり(SBI証券は今後できるようになる)、楽天ポイントや、Tポイントなどを上手く活用できるのも魅力的です。

SBI証券で口座を開設したい方はブログ仲間のにのちゃんの記事をみていただけると口座開設からクレジットカードでの積み立てキャンペーンまで詳しく書かれているのでぜひこちらを参考にしてください。

ブログ村やtwitterをやられているかたはにのちゃんのフォローも忘れずに!

たくさん優良記事を書かれているので、他の記事も合わせて見てみてください。

米ドルを購入しよう!

米国株を購入するときは、米ドルで購入することになります。

米ドルを購入する方法は簡単で、証券口座で日本円を米ドルに換金できます。

取引前に米ドルを購入するのが面倒な方は手数料が高くなりますが日本円で発注して為替手数料、購入時手数料も含んで注文することもできます。

ds

私はいつも面倒なので日本円で米国株を注文して、購入しています。

少し手数料負けするかもしれませんが、それ以上にリターンも出てきていますのでそこは致し方ないと思っています。

最近は売却した米国株の売却代金は米ドルで受け取れるため、そこから購入しているため為替での手数料は取られなくなってきました。

ds

以外に簡単に注文できるので、日本株と同じ感覚で投資できたりします。

米国株を注文してみよう

米国株も日本株と同様に注文方法は、指値(さしね)と言われる、1株当たりの値段を決めて注文するものや成行と言われる購入する意思表示をして市場の相場に合わせた株価で購入する方法などがあります。

指値で買うという株価を予測するような買い方はあまり効果が無いので、本当に欲しい株であれば成行で注文して確実に購入することをおすすめします。

まとめ

  • 魅力ある米国株は投資しやすく、分散投資もしやすい
  • 日本の証券会社からも気軽に投資できる
  • 魅力的な企業が身近なところにもたくさんある
  • 購入は実は簡単にできたりします!
  • 買ってるだけ持っているだけでカッコイイ!

いきなり米国株は怖いよという方は日本株購入からでもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

More
2017年から投資を開始した旅行好き初心者投資家です
2021年からWordPressでページ開設しました

目次
閉じる